行政書士合格への近道は
教材選びにあり

もし、あなたが本気で行政書士の資格試験に合格したいと思うなら、 まずは徹底的に優れた教材を探すことが重要です。
なぜなら私…そのために大切な時間を3年もドブに捨ててしまったからです。
後で気がついて「金返せ??!!!」と叫んでも、 失われた時間もお金も返ってきません。
後に残るのは無念な思いと眉間のシワだけ…。

世の中には「安かろう、悪かろう」なんていう言葉もあるわけで、 ある程度の初期投資は覚悟するべきなのです。
ちゃちゃっとアマゾンで見つけたテキストと問題集を買って 独学で勉強して合格してやろうったって、そうは問屋がおろしません。
が、しかーし。コストパフォーマンスというものも きっちり見極めなくてはいけません。

例えば、教材がやたらめったら多すぎるのも考えものです。
その教材は本当に必要な知識に的を絞っているでしょうか?
腕の悪いマッサージ師に何時間揉んでもらっても肩のコリはなおらない!
でもツボをおさえた施術なら短時間でもスッキリするんです。

このサイトでは、私の苦い経験から得た
行政書士試験に合格するための教材選び
をお伝えしたいと思います。


まず最初に行っておきますが、 これから国家資格を目指す方々にとって一番大切なのは時間です。

多少のお金は試験に合格して、一日でも早く独立開業すれば 初期投資の費用などどうってことありません。
でも最初にヘボい教材に出会ってしまうと、それだけで お金と一緒に時間も無駄になってしまいます。

試験勉強をするための教材としてまず一番最初に買い求めるのは 参考書もしくはテキスト類だと思います。
でも市販のものを買ってはいけません!!

市販のテキストを大きく分けると

  1. 予備校や通学講座の学校が出しているもの
  2. 現役の行政書士が個人で出しているもの

があります。
まず1.に関して言うなら…、仮にそのテキストや参考書で どんどん合格してしまう内容であれば、本業である学校に生徒が集まりません。
だから、大手の学校などから市販されているテキスト類は
「あー、やっぱり独学は難しいから学校へ通おう…
と自覚させるためのエサなんです。(キッパリ!)

そして2.について…。
この<現役の行政書士>ってところに心惹かれちゃうんだと思いますが これも手を出さないのが賢明です。
なぜなら彼らは行政書士ではあってもプロの講師ではないからです。

名選手が名監督や名コーチになるわけではないってことを 皆さんはよくご存じでしょ?
彼らにとっては、 自分の本がたくさん売れて印税が入りさえすればいいんです。
だからオイシイことが色々書いてあるかもしれません。
でーーーも!その本を買った人が何人合格しようと、 著者にとってはぶっちゃけどうでもいいこと…。

さあ、次に教材をチェックする際の注意点を あげておきましょう。

→テキスト/問題集選びの注意点へ

[PR] おススメの行政書士通信講座はコチラ